高校野球2017年夏の埼玉予選特集

高校野球2017埼玉予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権埼玉予選。昨年は花咲徳栄が埼玉代表として2年連続4回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が埼玉代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の埼玉予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季埼玉大会の結果

まずは春季埼玉大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】浦和学院
【準優勝】花咲徳栄
【4強】春日部共栄・市川越
【8強】叡明・ふじみ野・草加西・川越工

秋季大会に続き2大会連続で同一カードとなった浦和学院と花咲徳栄の決勝戦。大接戦の末、延長10回で浦和学院が7-6で花咲徳栄を下し昨秋に続き優勝を果たしました。花咲徳栄は昨秋と同様、延長戦まで持ち込むも浦和学院に敗れて準優勝に終わりました。

今大会では春夏通じて甲子園出場経験のない叡明、ふじみ野、草加西の3校がベスト8まで勝ち上がりました。特にふじみ野は春季大会に続いて2大会連続のベスト8となっており夏の大会の戦いも楽しみなチームです。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
浦和学院 6回(17春・16秋・16春・15秋・15春・14秋)
花咲徳栄 2回(16夏・15夏)
春日部共栄 1回(14夏)

【準優勝】
花咲徳栄 4回(17春・16秋・16春・15秋)
川越東 2回(15春・14秋)
聖望学園 1回(16夏)
白岡 1回(15夏)
市川越 1回(14夏)

【4強】
春日部共栄 4回(17春・16秋・16夏・15秋)
大宮東 2回(16夏・14夏)
市川越 1回(17春)
浦和実 1回(16秋)
上尾 1回(16春)
山村学園 1回(16春)
狭山ヶ丘 1回(15秋)
浦和学院 1回(15夏)
松山 1回(15夏)
聖望学園 1回(15春)
成徳大深谷 1回(15春)
花咲徳栄 1回(14秋)
春日部東 1回(14秋)
正智深谷 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の埼玉予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権埼玉予選~2017年春季埼玉大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 浦和学院 66pt
2位 花咲徳栄 62pt
3位 春日部共栄 46pt
4位 市川越 22pt
4位 聖望学園 22pt
6位 川越東 20pt
7位 上尾 14pt
7位 春日部東 14pt
9位 大宮東 12pt
10位 浦和実 10pt
10位 山村学園 10pt
10位 狭山ヶ丘 10pt
13位 白岡 8pt
13位 ふじみ野 8pt
13位 西武文理 8pt
13位 朝霞 8pt
13位 昌平 8pt
18位 松山 6pt
18位 成徳大深谷 6pt
18位 正智深谷 6pt

今夏の優勝争いの中心となりそうなのはオリジナルランキング1位の浦和学院と2位の花咲徳栄。この2校は昨秋、今春と決勝まで進出しており戦力も充実。ただ、浦和学院は過去3年間の秋季、春季の県大会はすべて優勝していますが夏に勝てていないのが不安要素となりそうです。

一方の花咲徳栄は2年連続夏を制して甲子園に出場するなど大一番での勝負強さを見せています。上位2校を追いかけるのが3年前の代表校で昨夏から3大会連続でベスト4の3位春日部共栄と今春ベスト4の4位市川越ではないでしょうか。

順当にいけばランキング通りの展開となりそうですが、昨秋ベスト4の10位浦和実、昨秋と今春ベスト8の13位ふじみ野、昨秋の準々決勝で花咲徳栄を苦しめた本庄一などの戦いにも注目しながら楽しみたいなと思います。

埼玉大会組み合わせ

2017年夏の埼玉予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年、2018年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

メンディス 海(市川越・3年・投手)

今年の埼玉で注目を集めそうなスリランカ人の父を持つ左腕。コントロールの良さが特徴。昨夏は浦和学院を1-0で撃破する立役者になるなど全試合に登板しチームのベスト8進出に貢献。今春は準決勝で浦和学院に敗れ、昨夏の再現はなりませんでしたが非常に楽しみな投手です。

西川 愛也(花咲徳栄・3年・外野手)

厳しいコースや変化球にも対応できるバットコントロールで広角に長打も期待できる左打者。すでに2回の甲子園を経験しており経験値も高い。全試合4番打者として出場した甲子園通算成績は14打数8安打6打点で打率は5割超え。3年連続夏の甲子園を狙う花咲徳栄の頼れる4番に注目です。

佐野 涼弥(浦和学院・2年・投手)

キレのある直球とスライダーを投げ込む2年生のサウスポー。ストレートも変化球も鋭い腕の振りから投じられるので打者からすれば厄介な投手。優勝した今春の関東大会では全4試合で試合の終盤を任され、トータル11回1/3を投げ被安打5、失点0と圧巻のピッチングを披露。今夏の活躍も期待されます。

米倉 貫太(埼玉栄・2年・投手)

福岡県出身ながら2015年から埼玉栄の監督に就任した若生正廣監督を慕って埼玉へ。最速はすでに140キロを超えている183cm右腕です。チームは昨秋、今春ともに地区予選敗退でしたが2018年のドラフト候補に挙がるであろう好投手のピッチングに注目です。

蛭間 拓哉(浦和学院・2年・外野手)

2年生ながら浦和学院の中軸を任されている左打者。身長は176cmと決して大きいわけではないが、外野へ伸びる打球を放てるのが特徴。ポジションは違えど同学年の佐野涼弥とともに切磋琢磨してさらに成長すれば楽しみな選手になりそうです。今春の関東大会は全試合4番で出場。期待の高さがうかがわれます。

埼玉大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。