高校野球2017年夏の佐賀予選特集

高校野球2017佐賀予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権佐賀予選。昨年は唐津商が佐賀代表として5年ぶり5回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が佐賀代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の佐賀予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季佐賀大会の結果

まずは春季佐賀大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】佐賀北
【準優勝】佐賀学園
【4強】鳥栖工・佐賀商
【8強】伊万里農林・致遠館・龍谷・唐津工

佐賀学園との決勝戦を1点差で逃げ切り4-3で勝った佐賀北は昨年の秋季大会に続いて2大会連続優勝で3年ぶりの甲子園出場に向けて一歩前進しました。準優勝に終わった佐賀学園も秋季大会ベスト4とチームの状態は上向きのようです。

また佐賀北と同様、夏の甲子園で全国制覇の経験がある佐賀商もベスト4入り。実力校が上位を占めた結果となりました。2013年の春季大会から2016年春季大会までたった1勝しかしていなかった致遠館がベスト8まで進出。準々決勝では惜しくも4-5で佐賀学園に敗れましたが夏の大会は面白い存在になるかもしれません。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
佐賀北 3回(17春・16秋・14夏)
佐賀商 3回(16春・15秋・15春)
唐津商 1回(16夏)
龍谷 1回(15夏)
佐賀学園 1回(14秋)

【準優勝】
佐賀商 2回(16秋・16夏)
龍谷 2回(16春・15春)
佐賀学園 1回(17春)
神埼清明 1回(15秋)
唐津商 1回(15夏)
鳥栖工 1回(14秋)
佐賀工 1回(14夏)

【4強】
佐賀商 3回(17春・15夏・14夏)
佐賀学園 3回(16秋・16春・14夏)
鳥栖工 2回(17春・16春)
神埼清明 1回(16秋)
龍谷 1回(16夏)
伊万里 1回(16夏)
鹿島実 1回(15秋)
唐津南 1回(15秋)
敬徳 1回(15夏)
唐津商 1回(15春)
伊万里農林 1回(15春)
佐賀北 1回(14秋)
佐賀西 1回(14秋)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の佐賀予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権佐賀予選~2017年春季佐賀大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 佐賀商 68pt
2位 龍谷 44pt
2位 佐賀北 44pt
4位 佐賀学園 36pt
5位 鳥栖工 24pt
5位 唐津商 24pt
7位 神埼清明 22pt
8位 佐賀工 16pt
9位 伊万里農林 14pt
10位 唐津西 12pt
11位 佐賀西 10pt
11位 鹿島実 10pt
13位 唐津工 8pt
13位 塩田工 8pt
13位 伊万里商 8pt
16位 伊万里 6pt
16位 唐津南 6pt
16位 敬徳 6pt
19位 有田工 4pt
19位 早稲田佐賀 4pt
19位 致遠館 4pt
19位 白石 4pt
19位 鳥栖 4pt
19位 東明館 4pt
19位 神埼 4pt
19位 鹿島 4pt
19位 多久 4pt
19位 唐津東 4pt
19位 三養基 4pt
19位 高志館 4pt

オリジナルランキング1位の佐賀商は過去9大会すべてで8強以上の成績。そのうち8大会で4強以上と抜群の安定感を誇っており、今夏も優勝候補の一角となりそうです。佐賀商とポイント差はあるものの4位の佐賀学園までは実力が拮抗しておりチャンスは十分あると思われます。

過去9大会の優勝、準優勝校を見ても佐賀工までの上位8校で独占しており、9位の伊万里農林以下の高校は苦戦が予想されますが春季大会ベスト8の致遠館や秋季大会ベスト8の白石、鳥栖、東明館などの戦いぶりなども注目ポイントの一つになりそうです。

佐賀大会組み合わせ

2017年夏の佐賀予選注目選手

2017年、2018年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

緒方 雄大(東明館・3年・投手)

1年生の時からチームの主力選手として登板していた期待の左腕。右打者の内角をえぐるクロスファイヤーが持ち味。チームも昨年の秋季大会ベスト8以外目立った成績を残していないですが、緒方の好投で勝ち上がれば台風の目になる可能性も。

堤 龍平(杵島商・3年・捕手)

全国的には無名ではあるが県ナンバーワン捕手との呼び声もある注目のキャッチャー。キャッチャーとしての素質だけでなく広角に打ち分ける打撃技術も持ち合わせているようです。

空閑 壮耶(佐賀商・3年・外野手)

巧みな打撃で安打を量産する佐賀商の中心選手。昨年の秋季九州大会1回戦の大分西(大分)戦では4番打者として出場し4打数4安打2打点の活躍でチームを勝利に導いた。元トップバッターだっただけに主軸でも高い出塁率に期待したいです。

木村 颯太(佐賀商・2年・投手)

1年生時から登板をし経験を積んできた2年生ピッチャー。昨秋の段階でMAXはすでに140キロ超え。怪我なく順調に成長すればさらに評価が上がる可能性も。県大会を制覇して甲子園のマウンドを経験することができるか。

佐賀大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。