高校野球2017年夏の大分予選特集

高校野球2017大分予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権大分予選。昨年は大分が大分代表として2年ぶり2回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が大分代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の大分予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季大分大会の結果

まずは春季大分大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】明豊
【準優勝】大分商
【4強】杵築・大分
【8強】大分東明・大分舞鶴・国東・藤蔭

準々決勝の国東戦で苦しみながらも4-3のサヨナラ勝ちを収めた明豊が決勝戦で大分商を8-3で破り昨年の秋季大会に続き2大会連続優勝を果たしました。

明豊を含むベスト4以上の4校で2011年~2016年までの大分代表を占めており実力校が順調に勝ち上がった大会となりましたね。

準々決勝で敗れた4校も大敗ではなく僅差での敗退なので夏の大会までにレベルアップすれば互角に戦える手ごたえは掴んだのではないでしょうか。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
明豊 4回(17春・16秋・15夏・14秋)
大分 3回(16夏・16春・14夏)
臼杵 1回(15秋)
鶴崎工 1回(15春)

【準優勝】
明豊 2回(15秋・14夏)
大分商 2回(17春・15夏)
佐伯鶴城 2回(16夏・16春)
杵築 1回(16秋)
臼杵 1回(15春)
柳ヶ浦 1回(14秋)

【4強】
杵築 3回(17春・15夏)
大分商 2回(16秋・14秋)
藤蔭 2回(16夏・15秋)
柳ヶ浦 2回(16春・15夏)
大分工 2回(15春・14秋)
大分 1回(17春)
大分西 1回(16秋)
臼杵 1回(16夏)
鶴崎工 1回(16春)
日田林工 1回(15秋)
明豊 1回(15春)
大分上野丘 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の大分予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権大分予選~2017年春季大分大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。

このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 明豊 66pt
2位 大分商 36pt
2位 大分 36pt
4位 杵築 30pt
5位 柳ヶ浦 28pt
5位 臼杵 28pt
7位 藤蔭 24pt
7位 鶴崎工 24pt
7位 佐伯鶴城 24pt
10位 大分工 20pt
11位 大分上野丘 14pt
12位 大分舞鶴 12pt
13位 国東 8pt
13位 津久見 8pt
13位 情報科学 8pt
13位 中津東 8pt
17位 大分西 6pt
17位 日田林工 6pt
19位 大分東明 4pt
19位 大分雄城台 4pt
19位 大分南 4pt
19位 宇佐 4pt
19位 別府鶴見丘 4pt
19位 日本文理大付 4pt
19位 大分高専 4pt

過去9大会でベスト8を逃したのは僅か1回の明豊がオリジナルランキングポイントではダントツの1位となっています。今春、昨秋の大分大会も制しているので今夏の大分予選も優勝候補筆頭になると思われます。

ポイントでは明豊との差は大きいですが2位~4位の大分商、大分、杵築も実力校。今春の大会でもこの上位4校がベスト4を占めたことを見ても夏に向けて順調に調整ができているようです。

5位以下で注目したいのは昨秋ベスト4まで進出した17位の大分西、今春と昨秋ともにベスト8の12位大分舞鶴と13位の国東です。特に今春の準々決勝で明豊をあと一歩まで追い詰めた国東は面白い存在になる可能性を秘めているんじゃないかと思います。

大分大会組み合わせ

2017年夏の大分予選注目選手

2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

田中 瑛斗(柳ヶ浦・3年・投手)

182cmと長身ながら70kgと細身の体型から繰り出される直球は最速144キロで県ナンバーワン右腕と評価は高い。三振を奪えるキレのあるストレートと、その投げっぷりが魅力。変化球にはまだ課題もあるようだが、体とともに今後の成長に期待したい。

杉園 大樹(明豊・3年・内野手)

四番ファーストで出場した今年の春季大会決勝の大分商戦でホームランを放つなどセンスを感じる期待の長距離砲。昨秋の段階で高校通算36本塁打。夏の大会でもその長打力を見せることができるのかに注目です。

三代 大貴(大分商・3年・外野手)

新チーム結成後の昨秋九州大会初戦の興南(沖縄)戦でも一発を放つなどホームランを量産しているスラッガー。普通でも凄い3打席連続ホームランを3試合も記録するなど絶好調時は手が付けられない。この先もどれだけ本塁打を量産するか期待したいです。

梶原 昴希(大分雄城台・3年・外野手)

身長186cmながら脚力も兼ね備えている大型外野手。守っては強肩、打っては長打力と走攻守三拍子そろったチームの中心選手。春夏通じて初の甲子園出場に導くことができるか。

大分大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。