高校野球2017年夏の西東京予選特集

高校野球2017西東京予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権西東京予選。昨年は八王子が西東京代表として初の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が西東京代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の西東京予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季東京都大会の結果

まずは春季東京都大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】早稲田実(西)
【準優勝】日大三(西)
【4強】帝京(東)・国士舘(西)
【8強】関東一(東)・東京実(東)・二松学舎大付(東)・駒大高(西)

西東京勢からベスト8まで勝ち残ったのは早稲田実、日大三、国士舘、駒大高の4校。そして西東京同士の対決となった早稲田実VS日大三の決勝戦は大乱打戦となりました。特に7回から9回までは両チームとも毎回得点。しかも17-17で延長戦に突入と漫画のような展開となりました。最終的には延長12回で早稲田実がサヨナラ勝ちし長い試合にピリオドを打ちました。

ベスト8の駒大高とベスト4の国士舘はともに早稲田実に大量失点を喫してコールド負け。とにかく早稲田実と日大三の超強力打線が目立った大会となりました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
早稲田実 3回(17春・16秋・15夏)
八王子 1回(16夏)
日大三 1回(15春)
東海大菅生 1回(14秋)
日大鶴ヶ丘 1回(14夏)

【準優勝】
東海大菅生 3回(16夏・15夏・14夏)
日大三 2回(17春・16秋)
佼成学園 1回(15春)

【4強】
日大三 3回(16夏・15夏・14夏)
国士舘 2回(17春・16秋)
東海大菅生 2回(16春・15春)
国学院久我山 2回(15夏・14夏)
日野 1回(16秋)
創価 1回(16夏)
法政大高 1回(14秋)

過去3年間(9大会)のランキングTOP18は?

2017年夏の西東京予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権西東京予選~2017年春季東京都大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 東海大菅生 46pt
2位 日大三 44pt
3位 早稲田実 42pt
4位 八王子 26pt
5位 国士舘 16pt
5位 国学院久我山 16pt
7位 佼成学園 12pt
8位 日大鶴ヶ丘 10pt
9位 早大学院 8pt
9位 聖パウロ学園 8pt
11位 日野 6pt
11位 創価 6pt
11位 法政大高 6pt
14位 駒大高 4pt
14位 昭和 4pt
14位 駒場学園 4pt
14位 明大中野八王子 4pt
14位 小平 4pt

オリジナルランキング1位は夏3大会連続で準優勝の東海大菅生。そして2位と3位には秋季と春季都大会の決勝で戦った日大三と早稲田実。この上位3校が優勝争いの軸となると予想されます。

しかし、金成麗生を中心とする日大三と清宮幸太郎を中心とする早稲田実の打力は超強力ですが投手陣が不安要素。日大三は選抜の履正社(大阪)戦で12失点。春季都大会の準決勝、決勝だけで25失点。関東大会でも3試合で21失点。早稲田実も選抜の東海大福岡(福岡)戦で11失点。春季都大会の準決勝、決勝の2試合で25失点。関東大会は1試合で8失点と両チームとも同じような結果に。

それに比べ東海大菅生は打撃力は劣るものの投打のバランスがとれている好チームで不安要素は少なそうです。早稲田実と日大三の打線が不発に終わるようだと東海大菅生、昨夏代表の4位八王子、昨秋、今春準優勝の5位国士舘、昨秋ベスト8の9位早大学院、昨秋ベスト4の11位日野などにもチャンスがありそうです。

いずれにしても今夏の西東京大会は早稲田実と日大三の投手陣のデキ次第で展開が変わってきそうな感じですね。

西東京大会組み合わせ

2017年夏の西東京大会注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年、2018年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

桜井 周斗(日大三・3年・投手)

昨年の秋季東京都大会決勝、早稲田実戦で清宮幸太郎から5打席連続三振を奪う圧巻のピッチングを見せたエース左腕。今春の選抜や春季関東大会などで失点を重ねているのは心配ではありますが、投手陣に不安のある日大三において桜井の好投は必要不可欠です。ピッチングだけでなく金成麗生らと形成する中軸としての活躍も期待です。

米原 大地(八王子・3年・投手)

昨夏の甲子園では142キロの球速を記録するも1回2/3を投げて被安打6で6失点。それでも速球派右腕としてドラフト候補に名前が挙がっており期待の高さがうかがえます。西東京は強力打線のチームが多いですが、チームメートの技巧派左腕の早乙女大輝とともに立ち向かう姿に注目です。優勝すれば2年連続の甲子園です。

金成 麗生(日大三・3年・内野手)

清宮幸太郎(早稲田実)や安田尚憲(大阪・履正社)に負けないパワーを持つ193cmの大型スラッガー。技術的にはまだまだ荒削りなところもあるようですが背筋力300キロ超えから生み出されるパワーは相当なもの。俊敏性と肩の強さも兼ね揃えており注目したい選手です。どちらかが負けるのはもったいないですが清宮とのスラッガー対決も見てみたい。

清宮 幸太郎(早稲田実・3年・内野手)

10年に1人の逸材とも言われるプロ注目のスラッガー。2017年6月4日(日)、享栄(愛知)との招待試合でライト場外に運ぶホームランを放ち高校通算100本塁打(練習試合を含む)を達成。昨秋の段階で78本だったことを考えるといかにハイペースで量産しているか分かります。ホームランを1本打つだけで全国のニュースにもなるほどの注目を浴びる中、今夏も打ちまくって自身3度目の甲子園出場なるか楽しみにしたいです。

野村 大樹(早稲田実・2年・内野手)

春季都大会は6試合で5発を放った長距離砲。特に決勝の日大三戦では7打数5安打5打点2本塁打の大活躍。3番清宮、4番野村と続くクリーンナップは破壊力抜群です。4番打者として出場した今春の選抜でも2試合で9打数5安打2打点。今秋以降もドラフト候補として注目され続ける選手であることは間違いないでしょう。

西東京大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。