高校野球2017年夏の奈良予選特集

高校野球2017奈良予選

7月9日(日)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権奈良予選。昨年は智弁学園が奈良代表として2年ぶり18回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が奈良代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の奈良予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季奈良大会の結果

まずは春季奈良大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】智弁学園
【準優勝】奈良大付
【4強】天理・高田商
【8強】橿原学院・法隆寺国際・御所実・高田

智弁学園が終盤の2イニングだけで6点差をひっくり返して大逆転勝ち。2015年の秋季大会から5大会連続優勝で勝負強さを見せつけましたが、準優勝の奈良大付は2015年選抜、ベスト4の天理は2015年選抜と選手権、高田商は今春の選抜に出場しており、実力校が上位を独占した結果となりました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
智弁学園 6回(17春・16秋・16夏・16春・15秋・14夏)
天理 2回(15夏・14秋)
高田商 1回(15春)

【準優勝】
奈良大付 3回(17春・15秋・14秋)
天理 3回(16夏・16春・14夏)
高田商 1回(16秋)
大和広陵 1回(15夏)
橿原学院 1回(15春)

【4強】
天理 2回(17春・15春)
奈良大付 2回(16夏・16春)
奈良 2回(15秋・15夏)
畝傍 2回(15夏・14夏)
高田商 1回(17春)
橿原学院 1回(16秋)
高取国際 1回(16秋)
郡山 1回(16夏)
関西中央 1回(16春)
平城 1回(15秋)
御所実 1回(15春)
智弁学園 1回(14秋)
奈良北 1回(14秋)
大和広陵 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の奈良予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権奈良予選~2017年春季奈良大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 智弁学園 66pt
2位 天理 60pt
3位 奈良大付 44pt
4位 高田商 28pt
5位 橿原学院 22pt
6位 奈良 20pt
7位 御所実 18pt
8位 大和広陵 14pt
8位 郡山 14pt
8位 関西中央 14pt
11位 畝傍 12pt
11位 法隆寺国際 12pt
13位 平城 10pt
13位 奈良北 10pt
15位 高田 8pt
15位 奈良朱雀 8pt
15位 橿原 8pt
15位 五條 8pt
15位 登美ヶ丘 8pt
15位 桜井 8pt

春季大会の4強で今夏の優勝候補になりそうな智弁学園、天理、奈良大付、高田商がランキングでも1位~4位までを独占。この4校は春季大会の準々決勝で全チーム完封勝利を収めており5位以下との実力差もありそうです。

順当にいけば上位4校の優勝争いになる可能性は高そうですが、昨秋4強で今春8強の5位橿原学院や昨秋4強の高取国際が波乱を起こすと面白い大会になっていきそうです。

奈良大会組み合わせ

2017年夏の奈良予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

松本 竜也(智弁学園・3年・投手)

今春選抜1回戦の熊本工(熊本)戦では被安打3、奪三振12の好投を見せ完封勝利。昨秋の近畿大会でも敗れはしたが大阪桐蔭(大阪)から11奪三振。低めで伸びる球で三振を奪えるのが特徴の右腕です。

古川 響輝(高田商・3年・投手)

今年の選抜では秀岳館(熊本)戦で先発。8回を投げて被安打12、失点11(自責点5)と打ち込まれましたが、昨年の秋季大会2回戦の生駒戦ではノーヒットピッチング(8回コールド)、春季大会準々決勝の御所実戦でも完封勝利を収めるなど力はあるだけに巻き返しに期待したいサウスポーです。

太田 英毅(智弁学園・3年・内野手)

4季連続甲子園出場を狙う智弁学園の4番打者。昨年、選抜では全国制覇を経験し、選手権ではホームランを打っています。今年の春季大会決勝の奈良大付戦では5打数3安打6打点。チームは7回まで0-6で負けていたが、8回9回の2イニングで逆転勝ち。その逆転勝利に大きく貢献したのが太田でした。守備に課題があるようですが勝負強いバッティングに期待です。

福元 悠真(智弁学園・3年・外野手)

昨年の選抜優勝を果たした旧チームで4番を打っていた長距離砲が新チームではトップバッターに。走力と走塁センスも兼ね備え、さらに一発も秘めている相手投手からしたら怖い1番打者。核弾頭として、そして主将としてもチームを引っ張っていきます。

奈良大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。