高校野球2017年夏の宮崎予選特集

高校野球2017宮崎予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権宮崎予選。昨年は日南学園が宮崎代表として2年ぶり8回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が宮崎代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の宮崎予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季宮崎大会の結果

まずは春季宮崎大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】日南学園
【準優勝】宮崎南
【4強】都城商・延岡学園
【8強】妻・日章学園・都城農・宮崎日大

昨夏の代表校である日南学園が優勝し2年連続の甲子園出場に向けて好スタートを切りました。準々決勝以降は接戦を確実にモノにし、負けない強さの印象を他チームに植え付けたのではないでしょうか。

宮崎南は準々決勝で宮崎日大を、準決勝では延岡学園をともに1点差で下し、決勝戦でも中盤までは日南学園と互角の戦いをしました。選手たちも自信をもって選手権予選に挑めそうですね。

また、準々決勝以降は全試合3点差以内の勝負となりましたので上位に進出したチームすべてに甲子園出場のチャンスがありそうですし熱い戦いを期待したいです。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
日南学園 5回(17春・16夏・15秋・15春・14夏)
鵬翔 1回(16秋)
富島 1回(16春)
宮崎日大 1回(15夏)
延岡学園 1回(14秋)

【準優勝】
宮崎南 1回(17春)
高千穂 1回(16秋)
宮崎商 1回(16夏)
日向学院 1回(16春)
富島 1回(15秋)
宮崎学園 1回(15夏)
都城 1回(15春)
聖心ウルスラ 1回(14秋)
日章学園 1回(14夏)

【4強】
都城商 3回(17春・16秋・15夏)
宮崎工 3回(16夏・16春・15秋)
聖心ウルスラ 3回(16春・15夏・15春)
延岡学園 2回(17春・16秋)
宮崎日大 2回(14秋・14夏)
宮崎大宮 1回(16夏)
都城西 1回(15秋)
延岡商 1回(15春)
都城 1回(14秋)
延岡工 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の宮崎予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権宮崎予選~2017年春季宮崎大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。

このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

2016年の選抜に出場した日南学園は2016年春季宮崎大会は免除で九州大会からの参加となっていますので4強扱いの6ptを加えて計算しました。

1位 日南学園 60pt
2位 宮崎日大 30pt
3位 聖心ウルスラ 26pt
3位 延岡学園 26pt
3位 都城 26pt
6位 都城商 22pt
6位 富島 22pt
6位 鵬翔 22pt
9位 日章学園 20pt
10位 宮崎工 18pt
10位 延岡商 18pt
12位 宮崎南 16pt
13位 宮崎商 12pt
13位 宮崎学園 12pt
15位 宮崎大宮 10pt
16位 高千穂 8pt
16位 日向学院 8pt
16位 都城東 8pt
16位 佐土原 8pt
16位 宮崎第一 8pt

ランキングだけを見ると今春の宮崎大会を制した1位の日南学園がずば抜けて強いように思います。実際、過去9大会で5回の優勝を誇っていますから戦力的には甲子園出場に一番近いでしょう。

ただ、2014年の選手権予選優勝後は1大会ごとに優勝しているのが少し気になります。日南学園にとって嫌なジンクスにならなければいいですが。

2位以下のポイント差はそこまで大きくありませんが今春準優勝の12位宮崎南、今春と昨秋の大会でともにベスト4まで進出した3位の延岡学園と6位の都城商、同じく両大会でベスト8の9位日章学園あたりが現状戦力上位だと思われます。

個人的には昨秋優勝の6位鵬翔と昨秋準優勝で2017年選抜21世紀枠の九州地区推薦校に選ばれた16位の高千穂の戦いぶりも楽しみにしたいと思っています。

宮崎大会組み合わせ

2017年夏の宮崎予選注目選手

2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

藤谷 勇介(延岡学園・3年・投手)

最速143キロを誇るプロ注目の右腕。高校入学後は怪我に悩まされ続けるも中学時代に142キロを投げるなど素質の高さは十分。怪我に強い体作りをしっかりとすれば、この先まだまだ伸びる要素はありそうです。兄の洸介は2016年のドラフトで阪神から8位指名を受け一足先にプロの世界へ。兄に続くことができるか。

吉武 壮太(延岡学園・3年・投手)

身長は168cmで決して高いとは言えないが、球威のある直球を投げ込むサウスポー。春季大会は準決勝で宮崎南に5-6で惜敗しましたがチームメイトの藤谷勇介とともに活躍して4年ぶりの甲子園を狙いたいところです。

吉岡 健太(高鍋・3年・内野手)

脚力と守備力、そして巧みなバットコントロールが持ち味の内野手。チームは秋季大会では3回戦、春季大会は2回戦で敗退しており甲子園出場までは険しい道程になりそうだが、一試合でも多く戦いアピールしたい。

甲斐 治充(鵬翔・3年・内野手)

174cm、70kgと細身な体ながら高い打撃技術と勝負強さ、そして一発も秘めている鵬翔の四番打者。秋季大会準決勝の延岡学園戦では藤谷勇介から同点ホームランを放つなど3安打2打点の活躍。その後の秋季九州大会では今年のセンバツでも活躍した秀岳館(熊本)の川端健斗から3安打を放っています。夏の予選でも好調を維持しているか注目です。

宮崎大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。