高校野球2017年夏の三重予選特集

高校野球2017三重予選

7月14日(金)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権三重予選。昨年はいなべ総合が三重代表として6年ぶり2回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が三重代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の三重予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季三重大会の結果

まずは春季三重大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】近大高専
【準優勝】津田学園
【3位】津商
【4位】菰野
【8強】松阪・高田・伊勢工・鈴鹿

夏の甲子園未出場校同士の対戦となった津田学園と近大高専の決勝戦。津田学園が3-1リードして迎えた9回裏、近大高専は一気に3点を奪い逆転サヨナラ勝ちで優勝を決めました。近大高専は昨年の秋季大会でもベスト4まで勝ち上がっていますので夏も注目ですね。

近大高専と同じく春夏通じて甲子園経験のない高田、準々決勝で津田学園に1点差で惜しくも敗れた伊勢工の夏の戦いにも期待したいです。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
いなべ総合 4回(16夏・16春・15春・14秋)
海星 2回(16秋・15秋)
近大高専 1回(17春)
津商 1回(15夏)
三重 1回(14夏)

【準優勝】
津田学園 3回(17春・16夏・16春)
菰野 2回(16秋・14夏)
三重 1回(15秋)
いなべ総合 1回(15夏)
津商 1回(15春)
海星 1回(14秋)

【4強】
津商 3回(17春・15秋・14秋)
三重 3回(16秋・16夏・15春)
近大高専 2回(16秋・16春)
海星 2回(16夏・15夏)
いなべ総合 2回(15秋・14夏)
菰野 1回(17春)
宇治山田商 1回(16春)
四日市工 1回(15夏)
松阪商 1回(15春)
津西 1回(14秋)
稲生 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の三重予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権三重予選~2017年春季三重大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 いなべ総合 64pt
2位 津商 48pt
3位 海星 44pt
4位 三重 40pt
5位 菰野 34pt
6位 近大高専 30pt
7位 津田学園 28pt
8位 宇治山田商 18pt
9位 四日市工 14pt
10位 松阪 12pt
11位 津西 10pt
11位 松阪商 10pt
13位 伊勢工 8pt
13位 鈴鹿 8pt
13位 皇学館 8pt
13位 桑名工 8pt
13位 相可 8pt
18位 稲生 6pt
19位 高田 4pt
19位 暁 4pt
19位 白子 4pt
19位 宇治山田 4pt

昨夏の代表校、いなべ総合がランキング1位。2位には2年前の代表校の津商。この2校は過去9大会で8度もベスト8以上の安定した成績を残しており今夏も優勝争いに絡んでくると思われます。

3位以降も甲子園出場経験のある海星、三重、菰野と続きますが、春季大会で優勝し高専高校として初の甲子園出場を狙う6位の近大高専や同じく春季大会準優勝の7位津田学園の戦いにも注目したいです。今大会はプロ注目のピッチャーも多く楽しみな大会となりそうですね。

優勝争いの話ではないですが、今春の地区予選で宇治山田商に0-91の5回コールドで敗れた英心。被安打62、失策17、3回裏には41失点と記録的な大敗となりましたが最後まで諦めずに戦った英心。そして最後まで手を抜かずに攻め続けた宇治山田商。最後まで真剣に戦った両校とも応援したいと思います。

三重大会組み合わせ

2017年夏の三重予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

渡辺 啓五(いなべ総合・3年・投手)

軽く投げているように見えて伸び、角度とキレがある最速144キロのストレートと変化球をコーナーにつく制球力でプロからも注目を浴びている右腕。昨年は怪我に泣かされた1年となってしまいましたが完全復活すれば簡単に打たれるピッチャーではないはずです。

宮原 大樹(宇治山田商・3年・投手)

186cmの長身からの角度とスピンの効いた直球で空振りを奪えるのが魅力的なエース右腕。いい球を投げながら制球力や体力面に弱点があり好不調の波も。弱点を克服できれば伸びしろは十分なだけに夏の大会での成長した姿に期待したい投手です。

岡林 飛翔(菰野・3年・投手)

力強い腕の振りから投じられるストレートの最速は151キロの剛速球。すでにドラフト候補としてプロからも注目されていますがランナーを置いた状態では棒球になったり制球を乱したりと課題はあるようです。現に春季大会準決勝の菰野戦では先発しましたが初回に8失点するなど3回を投げて被安打10失点9と大炎上。これだけの球速がありながら奪三振0だったのも気になるところです。ただ、安定感が増してくると凄いピッチャーになる可能性は秘めていそうですね。

赤木 聡介(いなべ総合・3年・投手)

昨夏の甲子園では3試合すべてで登板し経験を積んだ最速140キロ左腕。右腕の渡辺啓五と左右の2枚看板としても期待されています。ちなみに父はロッテの山下徳人コーチ。苗字が違うので調べてみたところ母が三姉妹の長女なので彼が赤木姓を継いだとのこと。ただしネット情報なので本当かはわかりません。まぁ野球に関係ないことなのでいいでしょう。

戸田 将太(菰野・3年・外野手)

剛腕、岡林飛翔が投の中心選手なら戸田将太は打の中心選手。188cmと長身のバットから放たれるのは猛打球。昨年末の段階で高校通算21本塁打を記録。さらにホームランを積み上げて夏は9年ぶりの甲子園出場を手にすることが出来るか注目です。

三重大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。