高校野球2017年夏の京都予選特集

高校野球2017京都予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権京都予選。昨年は京都翔英が京都代表として初の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が京都代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の京都予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季京都大会の結果

まずは春季京都大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】龍谷大平安
【準優勝】綾部
【4強】立命館・京都国際
【8強】山城・京都成章・京都共栄・東山

決勝戦までの5試合のうち4試合でコールド勝ち、48得点と圧倒的な攻撃力で勝ち上がってきた龍谷大平安と5試合のうち完封勝ちが3試合、失点4と鉄壁の守備で勝ち上がってきた綾部。対照的なチームカラーの決勝戦となりましたが2-0で龍谷大平安が完封で優勝を決めました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
龍谷大平安 5回(17春・15秋・15春・14秋・14夏)
京都翔英 2回(16夏・16春)
東山 1回(16秋)
鳥羽 1回(15夏)

【準優勝】
福知山成美 2回(16夏・15秋)
立命館宇治 2回(15夏・14秋)
綾部 1回(17春)
京都翔英 1回(16秋)
塔南 1回(16春)
立命館 1回(15春)
京都すばる 1回(14夏)

【4強】
京都国際 3回(17春・16春・15秋)
龍谷大平安 2回(16秋・16春)
乙訓 2回(16秋・15夏)
立命館宇治 2回(16夏・15春)
立命館 1回(17春)
塔南 1回(16夏)
京都翔英 1回(15秋)
京都共栄 1回(15夏)
福知山成美 1回(15春)
鳥羽 1回(14秋)
京都成章 1回(14秋)
東山 1回(14夏)
山城 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の京都予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権京都予選~2017年春季京都大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 龍谷大平安 62pt
2位 京都翔英 42pt
3位 立命館宇治 28pt
3位 東山 28pt
5位 福知山成美 26pt
5位 塔南 26pt
7位 京都国際 22pt
8位 鳥羽 20pt
9位 乙訓 16pt
10位 立命館 14pt
10位 京都共栄 14pt
12位 綾部 12pt
12位 京都すばる 12pt
12位 日星 12pt
15位 山城 10pt
15位 京都成章 10pt
17位 北嵯峨 8pt
17位 京都廣学館 8pt
17位 京都外大西 8pt
17位 大谷 8pt

過去9大会中、5大会での優勝を誇る1位の龍谷大平安、昨夏代表校の2位京都翔英、昨年の秋季大会優勝の3位東山あたりが今夏の優勝争いの軸となってくると思われますが、春季大会準優勝の12位綾部にも注目したいと思います。

その綾部ですが春季大会決勝戦では0-2で龍谷大平安に敗れはしましたが、強力打線を2点で抑えたのは自信になっていることでしょう。春季大会6試合で6失点の投手陣が好調を維持し打線がパワーアップすれば旋風を巻き起こす可能性もありそうな非常に楽しみなチームです。

その他では昨秋のチャンピオンである東山を延長13回の末、逆転サヨナラで破りベスト4に進出した7位の京都国際、同じくベスト4の10位立命館の戦いにも期待したいです。

京都大会組み合わせ

2017年夏の京都予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

藤山 大地(福知山成美・3年・投手)

昨夏4回戦の龍谷大平安戦ではリリーフ登板し4回2/3を投げ被安打2、無失点でチームの勝利に貢献した右腕。マウンド度胸が良く、キレのある球を投げる好投手だが昨秋の大会前に右ヒジを疲労骨折。夏の大会までに完治するか心配ですが、しっかり治して本来の姿を見せてほしいものです。

田中 将人(東山・3年・内野手)

180cm67kgと細身ながら長打を期待できるバッター。昨年の秋季大会では準々決勝と決勝でホームランを打ち、優勝に貢献。さらに近畿大会でも一発。遠心力を使ったスイングでチームを勢いづけることが出来るかに注目です。

岡田 悠希(龍谷大平安・3年・外野手)

1年生からレギュラーを掴み2016年の選抜1回戦の明徳義塾(高知)戦ではホームランも放っている左のスラッガー。最近は伸び悩んでいるようだが清宮幸太郎(早稲田実)や安田尚憲(履正社)と比べても打力では負けていないとの評価も。素質があるだけに能力が一気に開花すれば今夏のドラフトでも注目選手になるかもしれません。

京都大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。