高校野球2017年夏の茨城予選特集

高校野球2017茨城予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権茨城予選。昨年は常総学院が茨城代表として3年ぶり16回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が茨城代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の茨城予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季茨城大会の結果

まずは春季茨城大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】明秀日立
【準優勝】霞ヶ浦
【3位】土浦湖北
【4位】石岡一
【8強】常磐大高・下館一・波崎柳川・総和工

決勝戦で霞ヶ浦に6-0と完勝した明秀日立は秋季大会に続いて県大会を制覇。2回戦では常総学院を7-0の7回コールドで破っており投手力の良さが目立っています。敗れた霞ヶ浦は2大会連続の準優勝。

準々決勝、準決勝で敗退した6校のうち5校は夏の甲子園未出場(下館一は1959年に出場)、優勝した明秀日立も春夏通じて甲子園出場経験がなく今夏の前哨戦としては興味深い結果となりました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
常総学院 4回(16夏・16春・15春・14秋)
明秀日立 2回(17春・16秋)
霞ヶ浦 2回(15秋・15夏)
藤代 1回(14夏)

【準優勝】
霞ヶ浦 3回(17春・16秋・14夏)
明秀日立 3回(16夏・15春・14秋)
石岡一 1回(16春)
常総学院 1回(15秋)
日立一 1回(15夏)

【4強】
石岡一 3回(17春・15春・14秋)
土浦湖北 2回(17春・14秋)
霞ヶ浦 2回(16夏・16春)
水城 1回(16秋)
常磐大高 1回(16秋)
下妻二 1回(16夏)
水戸商 1回(16春)
日立一 1回(15秋)
太田一 1回(15秋)
明秀日立 1回(15夏)
東洋大牛久 1回(15夏)
守谷 1回(15春)
常総学院 1回(14夏)
取手松陽 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の茨城予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権茨城予選~2017年春季茨城大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 霞ヶ浦 60pt
2位 常総学院 54pt
3位 明秀日立 50pt
4位 石岡一 38pt
5位 水城 26pt
6位 藤代 22pt
7位 常磐大高 18pt
8位 土浦湖北 16pt
9位 日立一 14pt
10位 波崎柳川 12pt
11位 下妻二 10pt
11位 取手松陽 10pt
13位 つくば秀英 8pt
14位 水戸商 6pt
14位 太田一 6pt
14位 東洋大牛久 6pt
14位 守谷 6pt
18位 下館一 4pt
18位 総和工 4pt
18位 下妻一 4pt
18位 水戸工 4pt
18位 水戸葵陵 4pt
18位 竜ヶ崎一 4pt
18位 土浦日大 4pt
18位 鬼怒商 4pt
18位 鹿島 4pt
18位 多賀 4pt
18位 つくば国際 4pt
18位 江戸崎総合 4pt
18位 牛久 4pt

オリジナルランキング1位の霞ヶ浦と2位の常総学院の2校が2014年秋季大会から2016年夏まで県大会の優勝を独占。昨秋それにストップをかけたのが3位の明秀日立。明秀日立は、その勢いを持続させ今春の県大会も制覇しています。今夏はこの3校が軸となり優勝争いが展開されそうです。

それに続くのが過去9大会のうち7大会でベスト8以上の成績を残し昨春は準優勝、今春はベスト4で春夏通じて初の甲子園出場を狙う4位の石岡一。その他で注目したいのは秋季大会で常総学院を破りベスト4、そして今春もベスト8の7位常磐大高と今春ベスト4の8位土浦湖北です。

今夏は常総学院など夏の甲子園経験校が勝つのか、明秀日立など新チーム結成後好調の甲子園未経験組が勝つのか注目したいですね。

茨城大会組み合わせ

2017年夏の茨城予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

斎藤 雄基(下妻二・3年・投手)

ストレートとカーブなどの変化球で緩急をつけたピッチングをする右腕。昨夏の県大会でも登板をしており経験も積んでいます。県内ではトップクラスの評価を受けている投手。最後の夏の投球に期待したいです。

宮里 豊汰(常総学院・3年・捕手)

チームメイトの陶山勇軌とともに旧チームから活躍している捕手。昨春の選抜と夏の選手権は一塁手として甲子園に出場。パンチ力があり2年生時から今秋のドラフト候補として名前が挙がっていた好素材。捕手としても進化しているようなのでリード面にも注目です。

陶山 勇軌(常総学院・3年・外野手)

俊足巧打が持ち味の外野手で昨年は春夏の甲子園に出場。選抜では3打数1安打、選手権では17打数7安打。特に選手権1回戦の近江(滋賀)戦では5打数4安打と活躍しチームを勢いづけました。メガネをかけていた選手なので印象に残っている人も多いはずです。新チーム結成後はキャプテンに就任しています。

若松 祐斗(明秀日立・3年・外野手)

昨秋、今春の県王者、明秀日立の4番打者。外野手としては珍しい171cm86kgのぽっちゃり体型ですがバッティングに関してはパワー十分。昨夏は6番打者として出場し決勝まで進出。決勝では常総学院に0-1で惜しくも敗れ初の甲子園出場を逃しましたが、今夏は昨年の悔しさを晴らすために気合も入っているはずです。

茨城大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。