高校野球2017年夏の兵庫予選特集

高校野球2017兵庫予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権兵庫予選。昨年は市尼崎が兵庫代表として33年ぶり2回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が兵庫代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の兵庫予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季兵庫大会の結果

まずは春季兵庫大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】報徳学園
【準優勝】社
【3位】育英
【4位】明石商
【8強】市西宮・神港学園・滝川・神戸国際大付

今春の選抜ベスト4の報徳学園は準々決勝で市西宮に苦しめられながらも2-1で逆転勝利を収めると準決勝では育英を8-4、決勝戦は社を5-2で下して久々の県大会優勝を飾りました。同じく選抜に出場した神戸国際大付は準々決勝で明石商に0-3で敗れてベスト8止まりに終わりました。

準々決勝で報徳学園に1-2で敗れた市西宮、育英に延長戦の末1-2で敗れた滝川も戦力が整っていることを示し、夏の大会では優勝候補の一角に入ってくるかもしれませんね。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
神戸国際大付 4回(16秋・15春・14秋・14夏)
明石商 2回(16春・15秋)
報徳学園 1回(17春)
市尼崎 1回(16夏)
滝川二 1回(15夏)

【準優勝】
報徳学園 4回(16秋・16春・15秋・14秋)
社 2回(17春・15春)
明石商 2回(16夏・15夏)
三田松聖 1回(14夏)

【4強】
育英 3回(17春・16秋・16春)
神港学園 3回(16秋・16夏・15秋)
社 2回(16夏・14夏)
関西学院 2回(15春・14夏)
明石商 1回(17春)
東洋大姫路 1回(16春)
加古川東 1回(15秋)
神戸国際大付 1回(15夏)
西脇 1回(15夏)
須磨翔風 1回(15春)
滝川二 1回(14秋)
津名 1回(14秋)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の兵庫予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権兵庫予選~2017年春季兵庫大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 神戸国際大付 58pt
2位 報徳学園 54pt
3位 明石商 46pt
4位 社 32pt
5位 育英 22pt
5位 神港学園 22pt
7位 関西学院 16pt
7位 滝川二 16pt
9位 須磨翔風 14pt
9位 市尼崎 14pt
11位 市川 12pt
12位 津名 10pt
13位 三田松聖 8pt
13位 市西宮 8pt
13位 滝川 8pt
13位 姫路南 8pt
17位 東洋大姫路 6pt
17位 加古川東 6pt
17位 西脇 6pt
20位 村野工 4pt
20位 東播工 4pt
20位 明石南 4pt
20位 北条 4pt
20位 六甲アイランド 4pt
20位 長田 4pt
20位 須磨友が丘 4pt
20位 篠山鳳鳴 4pt
20位 尼崎工 4pt
20位 明石 4pt
20位 尼崎小田 4pt
20位 加古川北 4pt

過去3年間、安定した成績を残してきた神戸国際大付と報徳学園が僅差で1位と2位になっており、おそらく夏の大会もこの2校が軸となって展開されると思われます。3位の明石商、4位の社、5位で並ぶ育英と神港学園も春季大会ではきっちりベスト8以上に入ってきています。

春季大会の準々決勝で報徳学園を苦しめた13位の市西宮、育英相手に延長戦まで持ち込んだ、同じく13位の滝川、あと一歩でベスト8進出を逃した9位の須磨翔風、20位の六甲アイランド、尼崎小田も波乱を起こす可能性を秘めているので注目したいです。

兵庫大会組み合わせ

2017年夏の兵庫予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年、2018年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

黒田 倭人(神戸国際大付・3年・投手)

身長は166cmと小柄ではありますが、秋季大会決勝で報徳学園から15個の三振を奪う快投を見せたサウスポー。今春の選抜では味方のエラーが重なり1回戦で東海大福岡(福岡)に1-2で敗れはしましたが8回2/3を投げて被安打6、奪三振10、自責点0と好投しました。

山内 響(東洋大姫路・3年・投手)

最速145キロの直球と縦に割れる変化球のコンビネーションで三振を奪える右腕。フィールディングなど細かい課題は残っているようだが、伸びしろと考えれば今後も楽しみな投手です。

村上 大芽(津名・3年・投手)

切れ味鋭いスライダーと最速140キロのストレートを武器にする本格派右腕。春季大会では地区大会敗退で県大会に出場できませんでしたが最後の夏、周囲を驚かせる結果を残せるかに期待です。

猪田 和希(神戸国際大付・3年・捕手)

昨夏から4番を打ち、打撃に定評のあった外野手は昨秋から捕手に転向。慣れないポジションで負担も大きい中、秋季近畿大会では敗れた決勝戦を除く3試合で9打数7安打6打点2本塁打と大活躍。チームを今春の選抜出場に導きました。

篠原 翔太(報徳学園・3年・捕手)

2年生の時から4番に座っている主砲。今春の選抜ではホームランこそ出ませんでしたが4試合で8安打5打点と4番としての仕事をきっちりと果たしました。2年生の小園海斗とともに注目です。

小園 海斗(報徳学園・2年・内野手)

まだ2年生ながら来年のドラフト候補として期待がかかる遊撃手。高い身体能力とセンスを持ち合わせ、今春の選抜では4試合で18打数9安打5打点。特に準決勝の履正社(大阪)戦では5打数4安打1打点で大舞台での強さも発揮し全国にアピールしました。今夏、来夏とまだまだ楽しみな選手です。

兵庫大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。