高校野球2017年夏の東東京予選特集

高校野球2017東東京予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権東東京予選。昨年は関東一が東東京代表として2年連続7回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が東東京代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の東東京予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季東京都大会の結果

まずは春季東京都大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】早稲田実(西)
【準優勝】日大三(西)
【4強】帝京(東)・国士舘(西)
【8強】関東一(東)・東京実(東)・二松学舎大付(東)・駒大高(西)

東東京勢でベスト8に進出したのは帝京、関東一、東京実、二松学舎大付の4校。準々決勝で東京実との東東京勢同士の対戦を制した帝京がベスト4まで残りましたが、関東一と二松学舎大付はともに準々決勝で二桁失点を喫し敗退しました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
関東一 4回(16夏・16春・15秋・15夏)
二松学舎大付 1回(14夏)

【準優勝】
二松学舎大付 3回(16春・15秋・14秋)
東亜学園 1回(16夏)
日大豊山 1回(15夏)
帝京 1回(14夏)

【4強】
帝京 3回(17春・15秋・15夏)
関東一 3回(15春・14秋・14夏)
二松学舎大付 1回(16夏)
城東 1回(16夏)
東亜学園 1回(16春)
東海大高輪台 1回(15秋)
篠崎 1回(15夏)
成立学園 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP18は?

2017年夏の東東京予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権東東京予選~2017年春季東京都大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 関東一 66pt
2位 二松学舎大付 48pt
3位 帝京 42pt
4位 東亜学園 22pt
5位 城東 14pt
6位 日大豊山 12pt
6位 修徳 12pt
8位 篠崎 10pt
9位 東京実 8pt
9位 江戸川 8pt
9位 小山台 8pt
9位 雪谷 8pt
13位 東海大高輪台 6pt
13位 成立学園 6pt
15位 城西大城西 4pt
15位 岩倉 4pt
15位 明大中野 4pt
15位 東京 4pt

1位関東一、2位二松学舎大付、3位帝京、4位東亜学園となっていますが、注目したいのはポイント差。帝京と東亜学園の間で20ptの差がついています。これはすなわち東西に分かれない春季と秋季の東京都大会でも数多く上位進出を果たしてきた結果を表しています。上位3校は東京全体で見てもトップクラスの実力を持っており今夏の東東京大会でも優勝争いの中心になってくると思われます。

そしてこの3校に続くのが昨夏の東東京大会準優勝の東亜学園、今春ベスト8の9位東京実、昨秋の東京都大会で関東一とともに東東京勢としてベスト8まで勝ち残った15位の城西大城西、都立の5位城東、9位タイの雪谷、小山台、江戸川あたりになってくるのではないでしょうか。

東東京大会組み合わせ

2017年夏の東東京大会注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

高橋 晴(関東一・3年・投手)

浮き上がってくるような伸びのあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器とする185cmの右腕。途中登板となった春季大会準々決勝の国士舘戦は味方のミスなどもあり負けてしまいましたがプロ注目のピッチャーだけに夏の好投に期待したいです。

後藤 茂基(城西大城西・3年・投手)

バランスの取れたフォームから繰り出す130キロ台の直球とスライダーやカーブの変化球を効果的に使い、昨秋の都大会ではチームを38年ぶりのベスト8に導いた右腕。硬式に転向したのは高校に入学してからのようで伸びしろは十分にありそうです。剛速球を投げるわけではないですが楽しみにしたい投手の一人ですね。

宮路 悠良(東海大高輪台・3年・投手)

春夏通じて初の甲子園出場を目指す東海大高輪台の投打の中心選手。力強い腕の振りから投じられるストレートは最速147キロと都内でもトップクラス。チームは春季大会2回戦で敗退しましたが宮路が投打でチームを引っ張ると上位進出もありそうです。

市川 睦(二松学舎大付・3年・投手)

今春の都大会では完封も含む3試合連続完投勝利を挙げたエース左腕。準々決勝の日大三戦では打ち込まれてベスト4進出はならなかったがドラフト候補として高い評価を得ています。またピッチングだけでなく巧打のバッティングも楽しみな選手です。

永井 敦士(二松学舎大付・3年・外野手)

鋭いスイング、パワー、脚力、肩力と魅力たっぷりのチームの中心打者。エースの市川睦とともに投打の要としてチームを引っ張っていくことができれば2014年以来3年ぶり2回目の夏の甲子園も視界に入ってくるのではないでしょうか。

東東京大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。