高校野球2017年夏の群馬予選特集

高校野球2017群馬予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権群馬予選。昨年は前橋育英が群馬代表として3年ぶり2回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が群馬代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の群馬予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季群馬大会の結果

まずは春季群馬大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】前橋育英
【準優勝】健大高崎
【4強】高崎・前橋東
【8強】伊勢崎清明・桐生南・東農大二・常磐

2016年春季大会から4大会連続で同一カードとなった決勝戦は序盤からリードを奪った前橋育英が健大高崎の終盤の猛攻をしのぎ7-6で勝ちました。これで前橋育英は決勝での健大高崎戦は4連勝。高崎と前橋東はベスト4まで進出しましたがともに準決勝で0-7の7回コールド負けを喫しました。

準々決勝で敗れはしましたが桐生南は健大高崎に4-6、常磐は前橋育英に1-2とともに善戦し今夏の動向にも注目したいチームです。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
前橋育英 5回(17春・16秋・16夏・16春・15春)
健大高崎 3回(15夏・14秋・14夏)
樹徳 1回(15秋)

【準優勝】
健大高崎 5回(17春・16秋・16夏・16春・15春)
桐生第一 2回(15秋・15夏)
前橋育英 1回(14秋)
伊勢崎清明 1回(14夏)

【4強】
前橋工 3回(16夏・16春・15秋)
高崎 2回(17春・16秋)
高崎経大付 2回(16秋・14夏)
高崎商 2回(15夏・14秋)
桐生第一 2回(15春・14夏)
前橋東 1回(17春)
伊勢崎清明 1回(16夏)
前橋 1回(16春)
健大高崎 1回(15秋)
前橋商 1回(15夏)
太田東 1回(15春)
富岡 1回(14秋)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の群馬予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権群馬予選~2017年春季群馬大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 健大高崎 76pt
2位 前橋育英 62pt
3位 伊勢崎清明 34pt
3位 樹徳 34pt
5位 桐生第一 28pt
6位 前橋工 18pt
6位 前橋商 18pt
8位 高崎経大付 16pt
8位 高崎商 16pt
10位 高崎 12pt
11位 桐生南 8pt
11位 常磐 8pt
11位 桐生市商 8pt
11位 関東学園大付 8pt
11位 沼田 8pt
16位 前橋東 6pt
16位 前橋 6pt
16位 太田東 6pt
16位 富岡 6pt
20位 東農大二 4pt
20位 高崎商大付 4pt
20位 前橋西 4pt
20位 桐生西 4pt
20位 利根商 4pt
20位 太田 4pt
20位 太田工 4pt
20位 渋川 4pt
20位 明和県央 4pt

過去3年間の県大会優勝回数は前橋育英よりも少ないですが9大会すべてでベスト4以上の安定した成績を残している健大高崎が1位。2位は2016年春から4大会連続で県大会を制している前橋育英。頭一つ抜けているこの2強が今夏の優勝争いの軸になってくると思われます。

3位で並ぶ伊勢崎清明と樹徳も2014年夏以降は7大会でベスト8以上の安定感がありますが、準々決勝の壁を破れるかがポイントとなってきそうです。昨秋の新チーム結成後、県大会でも上位まで進出し、今夏も注目したいのが10位の高崎と11位の常盤です。

高崎は昨秋、今春と2大会連続でベスト4。ともに準決勝ではコールド負けを喫していますが勢いに乗れば面白いかもしれません。そして常磐は昨秋、今春ともにベスト8でしたが秋季大会では高崎経大付に0-1、春季大会では前橋育英に1-2と投手力の良さが目立っています。打線が機能すれば初の甲子園もあるかもしれません。

群馬大会組み合わせ

2017年夏の群馬予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

山上 信吾(常磐・3年・投手)

ピッチャーに専念してから頭角を現し、プロ注目の投手にまで成長したエース右腕。荒削りなところもありながら昨秋の段階で最速は145キロ。今夏には150キロも見込めるのではというくらいの好素材なようです。甲子園出場経験のない無名校ではありますが、伸び盛りの好投手に注目です。

皆川 喬涼(前橋育英・3年・投手)

140キロ超えの本格派投手が揃う前橋育英の中でも球質のよさは一番と評価の高い右腕。今春の県大会決勝、健大高崎戦では先発し、終盤に捕まりましたが7回までは1失点の好投。この試合では5番打者としても2安打を放っており投打ともに楽しみな選手です。

安里 樹羅(健大高崎・3年・内野手)

身体能力が高く高校通算20本超えの強打者。今春の選抜では1回戦と引き分けに終わった2回戦では3番打者、再試合の2回戦と準々決勝では1番打者として出場。ホームランこそありませんでしたが4試合で8安打を放ち、バッティングの良さを見せました。

鏑木 風雅(桐生第一・3年・内野手)

中学時代にはU-15の代表にも選ばれ、高校入学後は1年生から中軸を任されてきた左の強打者。緩急への対応能力もあり4番打者として出場した昨春の選抜では3安打の固め打ちでバッティングの良さをアピール。その打撃力で昨秋以降、低迷気味のチームに勢いをつけたいところです。

丸山 和郁(前橋育英・3年・外野手)

中学時代には左投げながらキャッチャーやショートもこなしていたという球歴の持ち主。俊足巧打だけでなく投げては最速143キロ。今春の県大会決勝、健大高崎戦では1番打者として4打数4安打4打点2本塁打と大活躍。そしてピッチャーとしても健大高崎に追い上げられた最終回の途中からリリーフ登板し2/3を無安打に抑えてチームの優勝に貢献しました。

群馬大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。