高校野球2017年夏の岐阜予選特集

高校野球2017岐阜予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権岐阜予選。昨年は中京(現・中京学院大中京)が岐阜代表として14年ぶり6回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が岐阜代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の岐阜予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季岐阜大会の結果

まずは春季岐阜大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】大垣日大
【準優勝】中京学院大中京
【3位】岐阜各務野
【4位】土岐商
【8強】多治見・岐阜工・県岐阜商・美濃加茂

今春、中京から校名変更した中京学院大中京と大垣日大の決勝戦は昨夏決勝の再現となりました。昨夏は中京学院大中京が3-2で勝ちましたが、今回は12-2の圧勝で大垣日大が勝ち、リベンジを果たすとともに優勝しました。

ベスト4の岐阜各務野と土岐商は準決勝で大垣日大と中京学院大中京相手に好勝負を演じ、夏の大会も楽しみな存在となりました。今春の選抜に21世紀枠で出場し、春夏連続出場を狙う多治見は準々決勝で敗れる結果となりました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
大垣日大 3回(17春・15秋・14夏)
中京学院大中京 2回(16夏・15春)
多治見 1回(16秋)
県岐阜商 1回(16春)
岐阜城北 1回(15夏)
岐阜総合 1回(14秋)

【準優勝】
中京学院大中京 2回(17春・15秋)
麗澤瑞浪 1回(16秋)
大垣日大 1回(16夏)
美濃加茂 1回(16春)
斐太 1回(15夏)
土岐商 1回(15春)
県岐阜商 1回(14秋)
岐阜工 1回(14夏)

【4強】
大垣日大 3回(16春・15夏・15春)
県岐阜商 3回(15秋・15夏・14夏)
土岐商 2回(17春・14秋)
市岐阜商 2回(16夏・15秋)
岐阜各務野 1回(17春)
美濃加茂 1回(16秋)
益田清風 1回(16秋)
長良 1回(16夏)
中京学院大中京 1回(16春)
岐阜工 1回(15春)
関商工 1回(14秋)
岐阜総合 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の岐阜予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権岐阜予選~2017年春季岐阜大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 大垣日大 56pt
2位 中京学院大中京 54pt
3位 県岐阜商 48pt
4位 美濃加茂 30pt
5位 岐阜工 22pt
6位 土岐商 20pt
6位 市岐阜商 20pt
8位 岐阜各務野 18pt
8位 関商工 18pt
8位 岐阜城北 18pt
11位 岐阜総合 16pt
12位 長良 14pt
12位 多治見 14pt
14位 麗澤瑞浪 12pt
15位 斐太 8pt
15位 大垣商 8pt
17位 益田清風 6pt
18位 郡上 4pt
18位 東濃実 4pt
18位 岐山 4pt
18位 帝京大可児 4pt
18位 岐阜聖徳学園 4pt
18位 岐阜東 4pt
18位 大垣北 4pt
18位 大垣南 4pt

昨夏、今春の県大会決勝進出の1位大垣日大と2位の中京学院大中京が今夏の優勝争いの軸となり、そのあとを安定した成績を残してきた3位県岐阜商、4位美濃加茂が追いかける展開になりそうです。

今春ベスト4の8位岐阜各務野と6位の土岐商、そして昨秋準優勝の14位麗澤瑞浪も上位まで進出してくると面白い大会となってきそうです。また、今春の選抜で報徳学園(兵庫)に0-21と大敗を喫した12位の多治見は投手陣の出来がカギとなってくるのではないでしょうか。

岐阜大会組み合わせ

2017年夏の岐阜予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

岡本 滉史(県岐阜商・3年・投手)

昨秋の段階での最速は130キロ後半でしたが、一冬越えて140キロ超えは確実視されている本格派右腕。昨年の秋季大会は1回戦で延長戦の末、市岐阜商に0-1で敗れはしましたが9回まで無失点の好投。今年の春季大会でも2試合で完封勝利を収めており実力を発揮しています。ブレーキの効いた縦のスライダーも持っており県No.1右腕との呼び声も高いようです。

石川 隼也(大垣日大・3年・投手)

伸びのあるストレートで相手を押し込んだり、変化球を左右に散らすなど投球術で相手を打ち取るサウスポー。昨夏の選手権予選でも好投し期待も大きいが、先発した春季東海大会準決勝の東邦(愛知)戦は被安打4で1回持たずに降板。少し気になりますが、夏は万全の状態で挑んでもらいたいです。

大滝 竜弥(岐阜各務野・3年・投手)

腕の振りが柔らかく140キロ近い直球を投げる左腕。春季大会準決勝では惜しくも優勝した大垣日大に延長戦の末、3-4で負けはしましたが10回を一人で投げ抜きました。打力も持ち合わせており春夏通じて初の甲子園を狙う岐阜各務野のキーマンとなりそうです。

早川 尚吾(関有知・3年・捕手)

昨夏の県大会では3試合で11打数5安打6打点1本塁打の好成績を残した打てるキャッチャー。特に4回戦の大垣日大戦では一発を含む2安打2打点と活躍し、3-11でコールド負けを喫した試合の中でも存在感をアピールしました。

岐阜大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。