高校野球2017年夏の福島予選特集

高校野球2017福島予選特集

7月7日(金)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権福島予選。昨年は聖光学院が福島代表として10年連続13回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が福島代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の福島予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季福島大会の結果

まずは春季福島大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】聖光学院
【準優勝】いわき光洋
【3位】東日大昌平
【4位】福島東
【8強】学法石川・須賀川・須賀川桐陽・光南

昨夏、昨秋の県大会を制した聖光学院が決勝のいわき光洋戦でも打線が大爆発。初回から得点を重ねて18-3の圧勝で3季連続の優勝を果たしました。準々決勝で聖光学院と対戦した学法石川も11失点、準決勝で対戦した東日大昌平も9失点しており聖光学院打線の強さが目立った大会となりました。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
聖光学院 7回(17春・16秋・16夏・15秋・15夏・15春・14夏)
光南 1回(16春)
日大東北 1回(14秋)

【準優勝】
日大東北 3回(16秋・15夏・14夏)
いわき光洋 2回(17春・15春)
光南 1回(16夏)
磐城 1回(16春)
学法石川 1回(15秋)
東日大昌平 1回(14秋)

【4強】
福島商 5回(16秋・15秋・15夏・15春・14秋)
日大東北 2回(16夏・16春)
いわき光洋 2回(15秋・14夏)
東日大昌平 1回(17春)
福島東 1回(17春)
学法石川 1回(16秋)
学法福島 1回(16夏)
聖光学院 1回(16春)
福島工 1回(15夏)
磐城 1回(15春)
光南 1回(14秋)
白河 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の福島予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権福島予選~2017年春季福島大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

1位 聖光学院 80pt
2位 日大東北 46pt
3位 学法石川 38pt
4位 福島商 34pt
5位 いわき光洋 32pt
5位 光南 32pt
7位 東日大昌平 22pt
7位 磐城 22pt
9位 小高工 20pt
10位 福島東 10pt
10位 学法福島 10pt
10位 白河 10pt
13位 相馬 8pt
14位 福島工 6pt
15位 須賀川 4pt
15位 須賀川桐陽 4pt
15位 郡山 4pt
15位 会津 4pt
15位 船引 4pt
15位 会津工 4pt
15位 白河実 4pt
15位 田村 4pt
15位 郡山商 4pt
15位 安達 4pt
15位 若松商 4pt

今夏の見どころはやはり10年連続夏の大会を制しているランキング1位の聖光学院を止めるチームが出てくるかどうかになってくるでしょう。その候補の1番手になってくるのは昨秋準優勝の2位日大東北かと思われます。夏の大会だけ見れば日大東北は2013年から4年連続で聖光学院に敗れていますが、そのうち3試合は1点差の惜敗。接戦に持ち込めば勝機はありそうです。

それに続くのが3位の学法石川。今春は準々決勝で聖光学院に延長11回の末、7-11で敗れはしましたが8回まではリードしていました。聖光学院に嫌な印象を与えることができたと思いますので今夏も対戦することがあれば面白い試合になりそうです。

逆に追いかけられる立場の聖光学院も強力打線で春季大会を制しましたが失点の多さが不安要素となってきそうです。準々決勝で7失点、準決勝で6失点を許した投手陣のデキ次第では苦しい展開になってくるかもしれません。11連覇のプレッシャーとの戦いにもなってくるのではないでしょうか。

福島大会組み合わせ

2017年夏の福島予選注目選手

『野球太郎』と『ホームラン』の2誌を参考に2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

尾形 崇斗(学法石川・3年・投手)

高校に入学してから本格的に投手となった最速141キロ右腕。冬の間のトレーニングでは体重を11キロ増やし体もピッチングも成長過程なだけに楽しみな選手です。昨秋は東北大会のマウンドも経験。チームは敗れましたが鶴岡東(山形)戦でリリーフ登板し5回1/3を無失点と好投しています。

石井 諒(光南・3年・投手)

昨夏の決勝戦で先発し、10連覇を狙う聖光学院をあと一歩まで追い詰めたサウスポー。リードして迎えた8回裏に逆転を許しただけに悔しい思いをしたはずです。強気に攻めるストレート勝負でリベンジを果たすことができるか。

園部 佳太(いわき光洋・3年・内野手)

高校通算30本超えの本塁打を誇る右の長距離砲。今年の春季大会準決勝、福島東戦と決勝の聖光学院戦でも一発。今春準優勝とチームも好調なだけにランナーを貯めたチャンスで長打が出れば、再び上位進出の可能性も。本塁打数をどこまで伸ばせられるかにも注目です。

瀬川 航騎(聖光学院・3年・内野手)

昨夏の甲子園にも出場しチームの中心選手となる遊撃手。その甲子園では7打数1安打と物足りない結果となりましたが国体では日本ハムからドラフト1位指名を受けた広島新庄(広島)の堀瑞輝からヒットを放っています。セカンドを守る小泉徹平とのいとこ同士の二遊間の守備にも注目です。

福島大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。