高校野球2017年夏の福岡予選特集

高校野球2017福岡予選

7月8日(土)から開幕する2017年(第99回)夏の高校野球選手権福岡予選。昨年は九州国際大付が福岡代表として3年連続7回目の甲子園出場を果たしましたが、2017年はどの高校が福岡代表になるのでしょうか。

そこで今回は高校野球2017年夏の福岡予選特集として2017年春季大会の結果、過去3年間(9大会)の上位進出チーム、オリジナルランキング、注目選手をまとめてみました。

スポンサーリンク

2017年春季福岡大会の結果

まずは春季福岡大会の8強以上の顔ぶれです。

【優勝】九産大九州
【準優勝】西日本短大付
【3位】九州国際大付
【4位】真颯館
【8強】筑陽学園・東筑・古賀竟成館・福岡工大城東

今春の選抜に出場した福岡大大濠と東海大福岡が不在の中、優勝したのは2年前の選抜出場校の九産大九州。3位決定戦では九州国際大付に3-4で惜しくも敗れましたが真颯館が4強入り。昨夏もベスト4まで進出しており楽しみなチームです。

快進撃を続け、ベスト8まで勝ち上がった古賀竟成館は準々決勝で西日本短大付に0-13の5回コールド負け。力の差を見せつけられましたが、この敗戦を夏にどう繋げるのかも楽しみにしたいと思います。

過去3年間(9大会)の4強以上は?

2014年選手権予選から2017年春季大会までの9大会(過去3年間)で4強以上の成績を残した高校をまとめてみました。

【優勝】
九州国際大付 3回(16夏・15夏・14夏)
九産大九州 2回(17春・14秋)
福岡大大濠 1回(16秋)
西日本短大付 1回(16春)
九産大九産 1回(15秋)
福岡工大城東 1回(15春)

【準優勝】
東海大福岡 2回(16秋・15夏)
西日本短大付 1回(17春)
福岡工大城東 1回(16夏)
小倉 1回(15秋)
飯塚 1回(15春)
東福岡 1回(14秋)
北筑 1回(14夏)
※2015年夏準優勝の東海大福岡の当時の校名は東海大五です

【4強】
九州国際大付 2回(17春・15春)
真颯館 2回(17春・16夏)
九産大九州 2回(16春・15秋)
東筑 2回(16春・14夏)
八幡南 2回(15夏・14秋)
筑陽学園 1回(16秋)
小倉工 1回(16秋)
福岡第一 1回(16夏)
福岡大大濠 1回(15秋)
小倉 1回(15夏)
大牟田 1回(15春)
光陵 1回(14秋)
自由ヶ丘 1回(14夏)

過去3年間(9大会)のランキングTOP20は?

2017年夏の福岡予選をさらに楽しむために2014年夏の選手権福岡予選~2017年春季福岡大会までの成績を基にポイント制で当サイトのオリジナルランキングをつけてみました。このオリジナルランキングは過去3年間のみの成績を基に作成しましたので現在の戦力分析の参考にしてみてください。

ポイントは優勝10pt、準優勝8pt、4強6pt、8強4ptで計算しています。

2015年の選抜に出場した九産大九州は2015年春季福岡大会、2017年選抜出場の福岡大大濠と東海大福岡は2017年春季福岡大会は免除で九州大会からの参加となっていますので4強扱いの6ptを加えて計算しました。

1位 九州国際大付 42pt
2位 九産大九州 38pt
3位 福岡大大濠 30pt
4位 西日本短大付 26pt
4位 福岡工大城東 26pt
6位 東筑 24pt
7位 自由ヶ丘 22pt
7位 東海大福岡 22pt
9位 小倉 18pt
10位 飯塚 16pt
11位 筑陽学園 14pt
11位 九産大九産 14pt
13位 真颯館 12pt
13位 八幡南 12pt
15位 東福岡 8pt
15位 北筑 8pt
15位 久留米商 8pt
15位 祐誠 8pt
15位 希望が丘 8pt
15位 新宮 8pt
15位 折尾愛真 8pt

オリジナルランキング1位は夏3連覇中の九州国際大付。2位は2015年選抜出場校の九産大九州、3位は今春選抜8強の福岡大大濠で近年甲子園出場校が上位を占めています。この3校と4位で並ぶ西日本短大付、福岡工大城東、そして7位の東海大福岡が優勝候補の一角となってくると思われます。

昨年の秋季大会ベスト4で今春もベスト8まで勝ち上がった11位の筑陽学園や今春ベスト4で13位の真颯館などが台風の目となれば混戦状態になる可能性もありそうです。

福岡大会組み合わせ

2017年夏の福岡予選注目選手

2017年のドラフト候補に名前の挙がりそうな選手をピックアップし、まとめてみました。

※参考書籍
野球太郎
ホームラン

三浦 銀二(福岡大大濠・3年・投手)

MAX140キロ超えのストレートと変化球で相手に点を与えない。昨秋の九州大会では大分商(大分)、鹿児島実(鹿児島)、秀岳館(熊本)を相手に3試合連続完封勝利。決勝の東海大福岡戦では3点を失ったが九州王者の立役者に。そして今春の選抜、1回戦の創志学園戦で完投勝利を挙げると続く2回戦の滋賀学園(滋賀)戦は延長15回を一人で投げ抜き1-1で引き分け。2日後の再試合も9回を一人で投げ抜き勝ち投手に。スタミナも抜群です。

柳原 優太(自由ヶ丘・3年・投手)

140キロ中盤の直球に加え、キレのあるスライダーが持ち味の右腕。2年生で出場した昨夏の選手権予選では投球回数は少なかったですがチームの一員として準々決勝進出を経験。今夏はさらに成長した姿に期待です。

末廣 篤弥(常磐・3年・投手)

しなやかな投球フォームから伸びのあるボールを投げる右腕。昨秋には最速146キロをマークしたが、まだまだ伸びしろ十分と評価は高い。チームも昨秋は5回戦まで進出。これ以上の成績を残せるかにも注目です。

古賀 悠斗(福岡大大濠・3年・捕手)

バッテリーを組む三浦銀二とともにドラフト候補として名前の挙がっている捕手。巧みなリードで昨秋の県大会、九州大会を制覇。今春の選抜でも準々決勝まで勝ち進みましたが、実は昨夏、ショートからキャッチャーにコンバートされたばかり。打撃でも昨秋の明治神宮大会や今春の選抜でホームランを放っており長打力も十分。野球センスが凄いですね。

渡辺 大海(西日本短大付・3年・内野手)

昨春の九州大会準決勝の長崎日大(長崎)戦では両翼99.1mある広い長崎ビッグNスタジアムのレフトスタンド最上段に特大の一発。飛距離が魅力の右の大砲です。

福岡大会組み合わせ

2017年選手権地方大会の日程や都道府県別特集ページはコチラからCheck!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。